株式会社前田工務店

下鶴間の家

detail

用途
住宅
概要
新築
場所
神奈川県大和市
完成
2018年11月
設計
前田工務店
施工
前田工務店
写真
山内紀人

description

この住宅は神奈川県大和市の郊外に建つ。この土地は40年ほど前に建築された中古住宅を購入し、既存建物を取り壊して新しい住まいを建築した住宅で、専用通路を抜けて対象の敷地にたどり着く旗竿地に建つ。東西南北はすべて近隣の住宅に囲まれ、敷地からまわりを見渡しても近隣の住宅のみが視界に入る。車を使用せずに電車での生活を考えて、駅からの徒歩圏内という利便性からこの敷地にたどり着いた。お施主様が求めたのは、シンプルで洗練された心地よい住まい。古い家具が好きというご夫婦は一生大切に使えると思うお気に入りの家具を探し、この家に少しずつ増やしていくという構想を持っていた。当初、中古+リノベーションで戸建てを検討していたが、前田工務店に出会い、同予算で新築にできる事を知り、住まいとしての快適性、性能を担保した長年安心して住み続ける事ができる新築を選択した。明るいよりも少し暗めが好きというご要望が、古い家具を少しずつ増やしていくという構想とよく合っていた。そのキーワードから全体の構成を計画し、全体としてはシンプルな間取りであり、フレキシブル性がある、光とディテールがきれいな住まいを目指した。きれいな光+古い家具+研ぎ澄ましたディテール。きれいな光をつくるために、私達はきれいな暗がりをつくる事を意識した。暗がりをつくるためには壁が必要となるが、住宅密集地に建っているため、壁が多く開口部は少なくという手法は敷地条件がぴったりとマッチした。余分なものはそぎ落とし、ただただ“光と影”そして“古い家具”が似合うフレキシブルな2階の間取りは、図面を何度見ても新鮮である。四角い間取りの中にキッチンと階段しか書かれていない。住まいの心地よさを形にするためには、間取り以上に必要なものがあると思い続けてきた私達がこれほどまでにわかりやすくそれらを体現できた住宅は今までにない。この住宅は私たちの思想を確信へと変えてくれた住宅である。敷地に唯一、南の光があたる場所には1本の木を植えた。室内からはこの木の成長を見守りながら暮らすことができる。この木が成長する頃、この住まいにたくさんの心地よさが育ってくれていることを期待している。

私たちの施工例やコンセプトの分かる資料を送付させて頂きます。